ネッツトヨタノヴェルふくしま2015新卒採用

Netz the Creative

トップメッセージ

トップページ › トップメッセージ

代表取締役社長 塚原靖弘の写真

代表取締役社長:佐藤修朗

ネッツトヨタノヴェルふくしまの質を、より高く

当社の歴史は、1979年まで遡ることができます。そして2004年に「ネッツトヨタノヴェルふくしま」への社名変更を機に自社販売網を拡充し、現在では福島県内に13店舗を持つ規模になりました。当社では、お客様のご満足のために、様々なスキルアップを実施。様々なアイデアを議論し提案する社員ミーティング「店舗ベーシック活動Jをはじめ、新人教育や質の高い応対や技術を身に付けるステッフ。アップ教育、さらに保険などを含めた必要な知識を習得する「ノヴェル塾」も開催しています。

信頼・規範・鮮にあふれた場所に

販売ネットワ ークが県全域にわたることもあって、"ふくしま全体で仲間"という意識が、3.11東日本大震災を経験後、随分強くなった気がします。福島は社会関係資本(Social Capitalソーシヤルキャピタル)である信頼・規範・絆が厚い土地柄。その素晴らしい郷士において、当社も信頼・規範・絆にあふれた組織であれば、良き企業市民として認めていただけるし、貢献もできると考えています。車はメーカーの技術開発努力により走行時CO2フリーを実現し、自動ブレーキなど安全技術が交通事故の減少に役立っています。環境問題や交通事故の問題はこれからもっと改善されるはずです。よりポジ、ティブに地域社会に向き合えることを私はうれしく思っています。

自分の想いを、故郷福島のために

当社では、社員たちの関係性、お互いのコミュニケーションの場を特に大切にしています。だから、社内には人と人とが「ありがとう」という言葉と心で、つながる関係性があります。もちろん全社員、お客様に対しても「思いやり」と「共感」を大切にしています。車のことも、そして車以外のことも、お客様が社員と気軽にお話しいただける、よりご来店しやすい店舗づくりが、今後の地域社会に貢献できると考えているからです。熱心に仕事に取り組んでいる若い社員たちの姿を見ていると、自分の故郷で就職しよう、という多くの方は、震災を経て、とても郷土愛に燃えているように思います。ですから、生まれ育った地元のために仕事がしたい。故郷で家族とともに幸せになりたい。そんな方たちと私たちも一緒に仕事がしたい。この福島をもっといい場所にするために。ネッツトヨタノヴェルふくしまも、そう願っています。